トップ >> 事業内容 >>まちづくり

Q&A

まちづくりの素朴な疑問にお答えします。

Q1.土地区画整理事業ってどんな事業?

A1.土地区画整理事業とは、道路・公園等を個別に整備する事業のように、施設用地を買収した上で整備する事業とは異なり、公共施設の整備改善とともに宅地や農地等の利用増進をあわせて実現するために、換地手法を採用して、地区内の土地を買収することなく総合的に整備する事業です。

この事業では、公共施設の用地や保留地を生み出すため、一定の条件のもとに関係権利者から土地を提供していただきます(減歩)。その土地は、道路や公園などの用地となったり、事業資金にあてるため売却したりします。関係権利者の土地は、原位置付近で比較的整形な土地に置き換えられ、原則としてどの土地も道路に面するように再配置されます(換地)。


Q2.減歩とはなんですか?

A2.土地区画整理事業は、地区内の地権者から土地を少しずつ提供してもらう仕組みになっています。この土地の面積が事業により減少することを「減歩(げんぶ)」といいます。
減歩には、公共減歩と保留地減歩があります。公共減歩とは、道路・公園等の公共施設用地にあてるものをいい、保留地減歩とは、事業費の一部に充てるために売却するためのものをいいます。
事業計画では、この2つの減歩の率を個別に計算した上で、合計の減歩率を表示してあります。

なお、事業計画の合計の減歩率は合算減歩率(または平均減歩率)といいますが、個々の宅地の減歩率は、施行前後の個別の宅地の土地評価によって増進の度合いが異なるため、個々に異なります。


Q3.換地とはなんですか?

A3.土地区画整理事業では、道路・公園等公共施設を整備すると同時に、宅地についてもそれぞれの土地の条件を考慮しながら、従前の土地に照応した土地の再配置を行います。このように、従前の土地に対して新しく置き換える土地を換地といい、従前の土地についていた権利(所有権、借地権、永小作権など)は、そのまま換地先に移ります。ただし、地役権については、この限りではありません。